バックナンバーのご案内

バックナンバー購入

Yakugyo Jiho 2014年3月25日号

【特集】覆面座談会「MRの本音」―活動環境の変化とこれから―

接待自粛や訪問規制の強化に加え新薬の早期立ち上げによる競合激化などで、変貌が著しいMRの営業環境。現場で活動する彼らが日々感じることは。

2014年3月21日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2014年3月10日号

【特集】流通改善と未妥結減算

医薬品流通改善の「第3ラウンド」の取り組みは成果を上げたのか。「未妥結減算ルール」の導入は価格交渉にどのような影響を及ぼすのか。流通改善の進捗状況と新ルールの影響を探った。

2014年3月10日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2014年2月25日号

【特集】検証 研究開発の生産性低下

研究開発費が高騰する半面で、ブロックバスターの出現が期待できなくなった新薬市場。上市後に製品から得る収益も、厳しい価格設定と後発品の侵食で従来ほどは期待できなくなった。研究開発の現状を生産性の視点で分析する。

2014年2月22日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2014年2月10日号

【特集】MRの卸訪問

MRの卸訪問は強化されているのか。医療施設へのMRとMSの同行は増えているのか。主要製薬企業を対象としたアンケート調査結果や、メーカーや卸への取材を通じてMRとMSの関係性を探る。

2014年2月7日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2014年1月25日号

【特集】2014年度薬価制度改革を読み解く

長期収載品の薬価引き下げの新ルールの導入や、新規後発品の薬価引き下げを柱とする2014年度薬価制度改革の骨子が昨年末に決定した。改革の中身や製薬業界に与える影響を紹介する。

2014年1月24日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2014年1月10日号

【特集】新GE時代の幕開け

昨年4月に後発医薬品使用促進の新目標が決定。今年4月の薬価制度改革や診療報酬改定では使用促進のための見直しが行われる。使用動向や各社の経営に大きな影響を与える可能性もあり、「新GE時代の幕開け」と言っても過言ではない。

2014年1月9日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2013年12月25日号

【特集】医薬産業界の2013年

2013年の医薬産業界は、「ディオバンの論文問題」「透明性GLに基づく資金提供の情報公開」「次期薬価制度改革の議論」「武田薬品工業の社長交代発表」など話題に事欠かない1年だった。主なニュースのその後を一挙に紹介する。

2013年12月21日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2013年12月10日号

【特集】MRの教育研修

MR認定センターが定める教育研修時間が「必須」から「標準」に切り替わり、製薬各社の裁量で割り振りできるようになった。本誌が行ったアンケート調査結果や個別企業の取材をもとに教育研修の現状や今後の方向性を探った。

2013年12月9日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2013年11月25日号

【特集】転換点に立つARB市場

2012年度に市場が低迷したARBが今期は持ち直す傾向にある。4~9月期業績は内資5社で7.8%増だった。ただ、ディオバンの論文問題を考慮すると、復調急というわけでもない。環境が変わりつつある現在の市場動向を眺めてみる。

2013年11月22日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2013年11月10日号

【特集】訪問規制強化とMR

医師の多忙化やセキュリティー強化、MRに対する苦情などを理由に大学病院などがMRの訪問規制を強化している。実態や今後のMR活動の在り方を探った。

2013年11月8日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2013年10月25日号

【特集】貼付剤、そのポジショニング

ドラッグ・デリバリー・システム(DDS)による経皮吸収型製剤は、注射剤のような痛みや経口剤のような効果減弱を伴わないメリットもあって、対象となる疾患領域が増えている。その市場は拡大していくのか。

2013年10月24日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2013年10月10日号

【特集】MRと調剤薬局

製薬各社が調剤薬局へのアプローチを強化している。主要製薬企業を対象に行ったアンケート調査結果を分析するとともに、調剤薬局への情報提供活動でさまざまな工夫をこらし、実績を上げている3社3人のMRの取り組みを紹介する。

2013年10月9日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2013年9月25日号

【特集】検証・製薬企業の資金提供

日本製薬工業協会の「透明性ガイドライン」に基づき、製薬各社が医療機関や医師に対する資金提供の情報公開を開始した。各社のデータを分析・検証するとともに、医療関係者や業界関係者の反応を探る。

2013年9月24日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2013年9月10日号

【特集】急増するMSL

高度な医学・科学知識を基にキー・オピニオンリーダー(KOL)への情報提供やエビデンス構築などを行う「メディカル・サイエンス・リエゾン」(MSL)が急増している。日本製薬医学会のアンケート調査、製薬企業やKOLなどへの取材を通じて現状や課題を探った。

2013年9月7日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2013年8月25日号

【特集】BPH・OAB治療薬の市場と販売戦略

前立腺肥大症に伴う排尿障害や過活動膀胱の治療薬は、併用可能な新規作用機序品目の登場によって患者の選択肢が広がっている。新薬はどこまで成長するか、領域トップ製品はその地位を守れるか。

2013年8月23日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2013年8月10日号

【特集】専門MRのポテンシャル

がん領域やスペシャリティ領域を中心に増加傾向にある専門MR。製薬各社を対象に行ったアンケート調査結果や、現場で活躍する専門MRの取材を通じて、専門MRのポテンシャルを探った。

2013年8月16日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2013年7月25日号

【特集】医薬分業への審判 次期調剤報酬改定

2014年度調剤報酬改定の議論が今秋以降に始まる。次回改定は、日本医師会や病院団体を中心に批判の声が高まっている調剤医療費の膨張や医薬分業の是非に結論を出す「審判」になりそうだ。

2013年7月24日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2013年7月10日号

【特集】競争時代に突入 バイオ後続品市場

国内のバイオ後続品市場が、先行品だけでなく、後続品同士でも競争を繰り広げる「競争時代」へと突入した。新たに後続品が参入したG-CSF製剤「グラン」の話題を中心に、後続品の市場動向や販売・開発状況、医師の評価などを探った。

2013年7月9日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2013年6月25日号

【特集】2012年度製薬企業・卸決算 データ&トピックス

2012年度製薬企業の決算を分析した。長期収載品の地盤沈下が見られたのが大きな特徴だが、新薬も相応の貢献を果たしている。医薬品卸、保険薬局チェーンの経営も俯瞰した。

2013年6月22日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2013年6月10日号

【特集】シニアMRの働き方

改正高年齢者雇用安定法により、65歳までの勤務を希望する従業員全員の雇用継続が義務付けられた。製薬各社の改正法への対応やシニアMRの活用方法などに関するアンケート調査結果とシニアMRの働きぶりを紹介する。

2013年6月10日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2013年5月25日号

【特集】MR配置とプロモーション戦略

製薬各社が新たな営業体制を模索している。「自社MRを介さないプロモーション」は広がるのか。シェア・オブ・ボイス(SOV)は今後も続くのか。現状と見通しを探った。

2013年5月24日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2013年5月10日号

【特集】MRの動向調査 2013

4回目を迎えたMR動向調査。製薬各社のMR数、採用計画、年間ディテール数、コントラクトMRの活用、女性比率などに関する回答結果を独自の分析も加えて報告する。

2013年5月9日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2013年4月25日号

【特集】再活性化するPPI市場

プロトンポンプインヒビター市場が、ネキシウムの参入や後発医薬品の数量増で慌ただしい。2月には、保険によるヘリコバクター・ピロリの除菌治療が胃炎にも認められた。市場はどんな展開を見せるのか。

2013年4月24日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2013年4月10日号

【特集】一般名処方 成果と行方

後発医薬品使用促進に向けた医師に対するインセンティブとして
「一般名処方加算」が創設された2012年度診療報酬改定から1年が過ぎた。後発品や長期収載品への影響は。

2013年4月9日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2013年3月25日号

【特集】広がるウェブ講演会

ウェブ講演会を導入する動きが製薬各社に広がっている。 医師や薬剤師に対する新たな情報提供の手段として定着するのかどうか。現状や課題を探った。

2013年3月22日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2013年3月10日号

【特集】進化するCSOビジネス

CSO(医薬品販売支援企業)事業が変化してきた。コントラクトMR数も増加を続けている。CSOの新戦略や事業展開について製薬企業の要望や評価も踏まえながら現状と将来を展望した。

2013年3月8日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2013年2月25日号

【特集】群雄割拠する抗がん剤GE

拡大を続ける後発医薬品市場で、各社が抗がん剤への取り組みを活発化させてきた。医療現場からの品質や安定供給に対する懸念は払拭されるか。販売提携や海外生産に乗り出す各社の戦略は。

2013年2月22日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2013年2月10日号

【特集】激戦・抗アレルギー薬市場

花粉症シーズンが今年もやってきた。先発医薬品、後発医薬品が入り交じり激しい競争を繰り広げている抗アレルギー薬市場の動向や各社の戦略を追った。

2013年2月8日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2013年1月25日号

【特集】初登場! 6年制薬大卒MR

 
6年制薬大の第1期生が昨年卒業した。多くが薬局や病院に就職する中、MR職に就いた卒業生もいる。製薬企業に対するアンケート調査結果を交えながら、MRを志した動機などを取材した。

2013年1月24日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2013年1月10日号

【特集】「新薬」で生きる

2013年が幕を開けた。新薬の海外展開に力を注ぐ企業、新薬の創出で長期収載品依存経営からの脱却を目指す企業など「新薬」で生きようとする企業の姿を追った。

2013年1月8日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2012年12月25日号

【特集】医薬産業界の2012年

MR100周年に当たった2012年。接待規制の強化をはじめ、製薬企業やMR活動をめぐる環境も大きく変化した1年だった。次期薬価制度改革に向けた議論も進む。今年のニュースを追った。

2012年12月21日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2012年12月10日号

【特集】大提携時代に突入する 糖尿病領域

このところ目立ってきた糖尿病領域での企業間提携。以前のような外資―内資の関係にとどまらず、多様かつ戦略的な提携が進んでいる。薬価ベース4000億円の市場をめぐり、合従連衡の動きが慌ただしい。

2012年12月7日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2012年11月25日号

【特集】「COPD」を知る 啓発運動と営業戦略

2020年には1000億円超の市場規模になると予測される慢性閉塞性肺疾患(COPD)治療薬市場。国民健康づくり運動とも絡み啓発活動も活発になっている。新薬の開発の現況と将来動向を展望した。

2012年11月22日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2012年11月10日号

【特集】検証 民主党政権の医療・医薬政策

民主党政権が発足して3年余り。この間の医療・医薬政策を関係者はどのように見てきたのだろうか。

2012年11月9日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2012年10月25日号

【特集】急成長ワクチン事業の将来

国内大手製薬企業のワクチン事業への取り組みが本格化している。中小メーカーの製品を流通・販売する従来のスタイルから、自社開発や企業買収へとその形を変えつつある。10年後には3000億円を超える国内市場に向け、各社は体制づくりを急ぎ始めた。

2012年10月24日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2012年10月10日号

【特集】「接待規制」の影響度

製薬企業による医療従事者の接待規制が、4月のスタートから半年を迎えた。MRの仕事ぶりや医師の意識には、どのような変化があったのだろうか。

2012年10月6日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2012年9月25日号

【特集】日本型参照価格制度の行方

厚生労働省の提言型政策仕分けで導入の検討がうたわれた「参照価格制度」とは、そもそもどんな制度なのか。今後どのような議論が展開されるのか。

2012年9月22日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2012年9月10日号

【特集】がん専門MR

がん領域専門MRの人気が高い。 メルクセローノ、ファイザー、日本イーライリリー、ノバルティス ファーマの4社のがん専門MRたちの活動や考え方から、求められるMR像を描いた。

2012年9月7日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2012年8月25日号

【特集】「収益源」新薬の実績と実力

長期収載品の薬価算定に厳しい目が向けられるようになった。後発医薬品に道を譲る方向が、今後より鮮明になってくるだろう。それは、新薬の販売動向が製薬企業の収益性を決めるということでもある。近年の新薬は売れているのか。

2012年8月24日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2012年8月10日号

【特集】決戦 ジェネリック医薬品

2018年以降、低分子の大型医薬品の特許切れが枯渇する国内の後発医薬品市場。乱戦を制するための各メーカーの戦略は。

2012年8月9日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2012年7月25日号

【特集】統合失調症医薬品マーケット

非定型抗精神病薬の登場を機に拡大を続ける統合失調症医薬品のマーケット。精神科入院医療の縮小などの流れを踏まえ、今後のマーケットにどんな展望を描けるのだろうか。

2012年7月24日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2012年7月10日号

【特集】医薬で進化する個別化医療

近年、特にがん領域で注目されている個別化医療。今年に入って相次いで医薬品と診断薬が同時承認、同時発売された。個別化医療対応の新薬開発はどのような展開をみせているのか、現状を報告する。

2012年7月7日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2012年6月25日号

【特集】製薬企業・卸・保険薬局 2011年度決算のすべて

海外での企業買収や特許切れが常に話題の中心となる製薬企業の決算。業界全体としては芳しい業績とはいいがたい。医薬品卸と調剤薬局の経営実態も明らかにし、医薬品業界全体の立ち位置を見る。

2012年6月23日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2012年6月10日号

【特集】「医療経済評価」入門

製薬業界が反発する「医療経済評価」。中医協で制度導入に向けた議論が始まっているが、まずはその定義や海外事例など基本線を把握しておこう。

2012年6月8日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2012年5月25日号

【特集】希少疾病医薬品 ブルーオーシャン戦略

希少疾病医薬品をめぐるマーケットは競争が少ない「ブルーオーシャン」とも呼ばれる。この領域で各社はどんなふうにしのぎを削っているのか。

2012年5月24日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2012年5月10日号

【特集】MRの動向調査2012

MR動向調査の最新版。今回は過去最多の63社から回答を得た。各社のMR総数をはじめ、女性比率、13年度採用予定数、ディテール回数、携行ツールなど15項目のアンケート調査結果を分析した。

2012年5月18日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2012年4月25日号

【特集】薬科大学の実力

医療現場が初の6年制薬剤師の登場にわく一方、その教育を担う薬科大学の地盤沈下が著しい。その内情に迫る。

2012年4月24日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2012年4月10日号

【特集】拡大する外資のプレゼンス

日本市場における外資のプレゼンスが高まっている。2011年度の業績を見ると、内資の国内売り上げ伸び率(予想)が3%程度にとどまるのに対し、外資は多くが2桁成長を遂げた。新薬創出加算も有利に働くなど、さらなるシェア拡大に向かう。

2012年4月7日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2012年3月25日号

【特集】こうなる 2012年度診療報酬・調剤報酬改定

超高齢化時代のピークを見据えた第一歩となる2012年度診療報酬改定の内容が固まった。今後の医療の在り方はどのように変わり、製薬企業には何が求められるのだろう。

2012年3月23日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2012年3月10日号

【特集】東日本大震災から1年 「3・11」は何を変えた

東日本大震災から1年。3・11は製薬企業、医薬品卸、調剤薬局の日常にどんな変化を突きつけているのか。

2012年3月9日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2012年2月25日号

【特集】「接待見直し・資金透明」前夜

医薬品公取協の「接待の見直し」と製薬協の「透明性ガイドライン」が今年同時にスタート、製薬企業やMRの在り方が変わろうとする変革期に入った。各社の直前の動向や取り組みを調べた。

2012年2月24日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2012年2月10日号

【特集】糖尿病治療薬 その開発と市場性

世界的に増え続ける糖尿病患者。日本でもその数は1000万人を超えたと推計される。治療は食事と運動が優先だが、改善されなければ薬物療法。新規作用機序の新薬候補も多く並ぶ開発パイプラインをのぞいてみた。

2012年2月9日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2012年1月25日号

【特集】これで分かる2012年度薬価制度改革

2012年度薬価制度改革の内容が固まった。長期収載品の追加引き下げが2回連続で行われ、業界側念願の新薬創出加算の恒久化は見送られた。制度改革の全容を解説する。

2012年1月24日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2012年1月10日号

【特集】MR100周年

2012年は日本で初めて製薬企業のMRが活動を開始してからちょうど100年目に当たる。置かれた時代こそ違うが、MRに求められている役割に変わりはない。

2012年1月19日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2011年12月25日号

【特集】医薬産業界の2011年

東日本大震災が日本列島を震撼させた2011年。製薬業界では新薬、後発医薬品ともに過去最大規模の企業買収が起きるなど大きなニュースがあった。今年のニュースを追跡した。

2011年12月23日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2011年12月10日号

【特集】女性営業所長・課長の魅力

国内製薬企業に増えつつある女性営業所長・課長。武田薬品工業、ファイザー、日本イーライリリーの3社の女性営業所長・課長の仕事への取り組みや部下の育成方法から、求められる営業所長・課長の姿を探る。

2011年12月9日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2011年11月25日号

【特集】レセプト保険審査の最新動向

医療機関の診療行為が公的保険のルールに準じているかを確認し、適正な診療報酬の支払いを判断する「審査」の在り方が大きく変わろうとしている。改革の背景と、MRの情報提供への影響を探る。

2011年11月24日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2011年11月10日号

【特集】ロングセラー医薬品を探れ

いつの時代も売れ続ける「ロングセラー医薬品」には理由がある。いつ、どのように“ブレーク”したのだろうか。

2011年11月9日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2011年10月25日号

【特集】企業研究 アステラス製薬 国内トップシェア狙うコプロ戦略

2014年度までの中期経営計画に、国内医療用医薬品でトップシェアを奪うことを宣言したアステラス製薬。従来から推進してきたコプロモーション戦略が、その実現を後押しする。

2011年10月22日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2011年10月10日号

【特集】どうなる「接待見直し」

製薬企業が医師らに行っている接待が見直された。新しい基準は来年4月から運用されるが、これからMR活動はどう変わっていくのだろうか。製薬企業へのアンケート結果と、ドクターたちの声を交えながら、MRの今後の在り方を探った。

2011年10月8日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2011年9月25日号

【特集】踏み出せ! 在宅医療

ますますニーズが高まる在宅医療。従来の「治療」に主眼を置いた入院医療から、患者の“生き方”に寄り添う医療への転換ともいえる。在宅医療の充実に製薬企業が果たすべき役割はあるのか。

2011年9月22日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2011年9月10日号

【特集】「エスタブリッシュ医薬品」に賭ける

製薬業界で「エスタブリッシュ医薬品」に注目が集まっている。 これまでの長期収載品と後発医薬品のイメージを一新した 新たなカテゴリーが医薬品市場にもたらす影響とは。

2011年9月9日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2011年8月25日号

【特集】激変する関節リウマチ治療薬―生物学的製剤から

関節リウマチ治療薬の中で強力な抗リウマチ作用を発揮する生物学的製剤。 現在国内で保険適用を受けている5製剤について、特徴、差別化、市場動向、使い分けなどを探った。

2011年8月24日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2011年8月10日号

【特集】医薬品・医療職の給与水準

従業員の平均年間給与などが記載されている有価証券報告書から、製薬企業を中心とした医薬品産業の給与実態を調べた。1億円を超える高額報酬を受け取った役員が、23人いたことも分かった。

2011年8月9日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2011年7月25日号

【特集】新時代の「患者会と製薬企業」

多様化が進み、政策決定にも発言権を持つようになった患者団体は、製薬企業に何を期待しているのだろう。そして両者が本当の“協働”ができるようになれば、どんな展開が期待できるのだろうか。

2011年7月22日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2011年7月10日号

【特集】挑む AD(アルツハイマー型認知症)治療薬

約11年ぶりに新薬が登場し、選択肢が広がるアルツハイマー型認知症(AD)治療薬。各製剤の使い分けや、ADの原因物質をターゲットにした新薬の開発動向に迫る。

2011年7月8日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2011年6月25日号

【特集】製薬企業・卸2010年度決算徹底分析

海外で大型製品の特許切れが相次ぎ、円高も止まらない中での10年度決算。米国の売上高が下降線をたどり始めると同時に、新興国への意識が強く打ち出された。国内は薬価改定の影響をはねのけ順調。しかし卸は疲弊しきっている。

2011年6月24日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2011年6月10日号

【特集】医薬産業版「夏の節電」

この夏の節電をどう乗り越える―。病院、薬局、製薬企業、医薬品卸はどのように省電力に取り組もうとしているのか。最新の状況を報告する。

2011年6月9日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2011年5月25日号

【特集】「医療費適正化」のいまを知ろう

先進国共通の課題となっている医療費膨張の抑制。日本でも2008年度からの医療費適正化計画をはじめとする施策を講じているが、どのように進んでいるのか。今後はどう進めようとしているのか。

2011年5月24日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2011年5月10日号

【特集】MRの動向調査2011

製薬企業各社のMR総数、増減計画、社内資格制度、1人当たり生産性、支援制度、不足しているスキルなど、MRに関する多角的な動向調査を実施した。回答データと取材から得られた分析結果を発表する。

2011年5月9日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2011年4月25日号

【特集】医薬品卸の薬局戦略

大手医薬品卸が相次いで調剤薬局の囲い込みやグループ化に乗り出し、いまや大手調剤チェーンの一角を占めるまでに成長した。このまま突き進むことができるのだろうか。

2011年4月22日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2011年4月10日号

【特集】3・11 東日本大震災

日本の社会・経済基盤を大きく揺さぶっている東日本大震災。発生から約1カ月が経過し、被災地では連日、懸命な復旧作業が行われているが、巨大津波がもたらしたその被害はあまりに大きい。

2011年4月8日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2011年3月25日号

【特集】「倫理」で差がつくMR活動

MRに必要な倫理観の醸成には、どんな教育が求められているのか。資金提供開示のガイドライン作成や公正競争規約の厳格化が進むなか、企業としても教育研修の在り方を考えていかなければならない。

2011年3月24日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2011年3月10日号

【特集】国内大手4社のがん戦略

アンメット・メディカル・ニーズと市場成長率の高さなどから、国内大手4社すべてが、抗がん剤への取り組みを重点領域にしている。4社の現状と今後の戦略は。

2011年3月9日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2011年2月25日号

【特集】生かせるか スマートメディア

医療従事者へのディテールに多機能型携帯情報端末、いわゆるスマートメディアを導入する製薬企業が相次いでいる。その使い勝手は、医師の反響は。課題も含め今後の展望を探る。

2011年2月24日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2011年2月10日号

【特集】新薬陸続! 選択肢広がる骨粗鬆症治療

骨折予防効果が明確になるにつれ、医師も患者も薬物治療に積極的になってきた骨粗鬆症。同時に新薬の開発・発売も活発化している。医療現場ではこれをどう使い分け、市場が形成されていくのだろうか。

2011年2月9日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2011年1月25日号

【特集】「医薬分業」の功罪

60%を超えた保険薬局の処方箋受取率。日本でも医薬分業が定着したといえる数字だが、患者がそのメリットを実感しているとは言い難い。今、あちこちで医薬分業のありようが問われている。

2011年1月24日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2011年1月10日号

【特集】2011年 臨床医に選ばれるMR

医師に評価の高いMRは、どこの企業に所属しているのか。トップは武田薬品だったが、2位以下も接近している。全体的なレベルアップが図られているのか。

2011年1月7日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2010年12月25日号

【特集】医薬産業界の2010年

大型製品の特許切れに伴う「2010年問題」の表面化。
製薬業界悲願の「新薬創出加算」の試行導入。10年ぶりのネットプラスとなった診療報酬改定……。
2010年も医薬産業を取り巻く環境は目まぐるしく変化した。

2010年12月24日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2010年12月10日号

【特集】世界同時開発の行方

活発化が著しい国際共同治験だが、すべての企業が手掛けているわけではない。企業間格差は開く傾向にある。ファイザーと武田薬品工業を事例に、医療機関やCROの視点からも世界同時開発の現状を探る。

2010年12月9日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2010年11月25日号

【特集】“ニッチ”眼科市場の潜在力

“ニッチ”な眼科医薬品市場の潜在的な成長性に注目が集まっている。
確実な成長領域に位置付けられ、シェア争いや新薬の開発競争がヒートアップしている。

2010年11月24日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2010年11月10日号

【特集】GEメーカーのMR

ジェネリック(GE)メーカーに増えつつあるMR。医療従事者の中にはGEメーカーにMRは必要ないという声がある一方、情報提供を期待する声も多い。GE・MRの実態と将来展望を探った。

2010年11月9日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2010年10月25日号

【特集】新薬創出加算が変えた価格交渉

試行的に導入された新薬創出加算は、医薬品納入価の交渉をめぐってメーカー、卸、医療機関・薬局の間にさまざまな思惑を生んだ。
後退させてはならない流通改善の中での対応方針は―。

2010年10月25日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2010年10月10日号

【特集】開幕 バイオ後続品時代

日本でも市場に投入されたバイオ後続品。参入の意思を示す企業が相次ぐ一方で、開発コストや市場への浸透度など、多数の不安要素もはらんでいる。現状を探った。

2010年10月10日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2010年9月25日号

【特集】診療報酬・調剤報酬改定の「影響力」

ネットでのプラスが10年ぶりとなった2010年度診療報酬改定から半年。急性期病院の収入は軒並み上向いている一方、DPC制度の見直しが始まったことで新たな格差も生じた。調剤薬局の動きも含め、今改定が経営現場にもたらした影響に迫る。

2010年9月25日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2010年9月10日号

【特集】上級MRの時代へ

MRの資質向上とモチベーション高揚のため、企業が社内認定している上級MR制度。各社各様だが、具体的な中身はあまり知られていない。仕組みと今後の展望などを探った。

2010年9月10日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2010年8月25日号

【特集】走りだした中期経営計画 ―10年度第1四半期の実績から

製薬企業9社が今年度からの中期経営計画をスタートさせた。2010年問題やM&Aで業績が左右される海外事業はともかく、国内市場は営業力が問われる。10年度第1四半期の業績を分析した。

2010年8月25日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2010年8月10日号

【特集】ワクチンビジネス勃興

需給計画の難しさや政策の影響を受けやすいことなどで、参入に二の足を踏む企業が多かった日本のワクチンビジネスに、変化の兆しがある。抜本改正議論が進む制度の問題と、市場環境、各社の動向は。

2010年8月10日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2010年7月25日号

【特集】抗うつ薬マーケット

新薬の発売が相次ぐ抗うつ薬市場が、急成長から踊り場に差し掛かってきた。強豪ひしめく市場環境と、適正使用の流れが強まる臨床現場の動向に迫る。

2010年7月25日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2010年7月10日号

【特集】MRの転職

製薬業界で同業他社へ移るMR、異業種からMRに転身する人、逆にMRから異業種へ、あるいは起業する人。転職に挑戦した人たちの奮闘ぶりを通して、転職に失敗しない心得、テクニックを探る。

2010年7月10日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2010年6月25日号

【特集】09年度 製薬企業・卸決算トピックス

大型品の特許切れに円高が追い打ちを掛け、海外事業が低迷した2009年度の大手製薬企業。一方で薬価改定のなかった国内市場は安定的に推移した。医薬品卸を含めて決算のトピックスを拾った。

2010年6月25日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2010年6月10日号

【特集】がん連携時代の情報提供

全国各地で「がん連携」が盛んになり始めている。連携が進み地域で患者を診るケースが増えるほど、クリニックや保険薬局にも、がん関連薬の情報が必要だ。医療現場が望む、がん連携時代の情報提供とは。

2010年6月10日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2010年5月25日号

【特集】e―ディテールの「深化」

いまやディテール回数の5回に1回はeの時代になった。ただ、MRの役割は縮小するどころかむしろ高まっている。

2010年5月25日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2010年5月10日号

【特集】MRの動向調査

製薬企業各社のMRの総数、増減計画、1人当たりの生産性、支援制度、不足している能力……。MRに関するさまざまな動向についてアンケート調査した分析結果を紹介する。

2010年5月10日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2010年4月25日号

【特集】大手のGE参入と「オーソライズドGE」

新薬大手や兼業メーカーが後発品事業に参入しているが、事業計画通りの成果は得られるのだろうか。将来的に米国で見られるオーソライズド・ジェネリックに踏み切る可能性はないのか。

2010年4月25日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2010年4月10日号

【特集】緊急座談会「新薬価制度でどうなる流通改善」

いよいよ導入された「新薬創出・適応外薬解消等促進加算」。薬価制度だけの問題にとどまらず、医薬品流通への影響も大きい。流通当事者とアナリストによる座談会で、新薬価制度下の流通改善を占う。

2010年4月10日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2010年3月25日号

【特集】2010年度診療報酬・調剤報酬改定

10年ぶりのプラス改定となった2010年度診療報酬改定。急性期病院の入院医療を手厚くする一方、診療所の外来には厳しい内容となった。調剤薬局を中心に、後発医薬品の使用促進策にはさらにドライブがかかる。病院、診療所、薬局の経営の行方は―。

2010年3月25日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2010年3月10日号

【特集】シニアMRの「活用法」

シニアのベテランMR。熟練ぶりで大病院に食い込んだり、若手のアドバイザーになったり、パワーを感じさせる人材は多い。団塊の世代も増える中、製薬企業がいかにシニアを活用していくかを探った。

2010年3月10日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2010年2月25日号

【特集】「医薬情報担当“薬剤師”」の時代は来るか

病棟で医薬品の有効性や安全性を収集し、論文を読みこなして医師に情報提供する。従来のDI担当を超えた「医薬情報担当“薬剤師”」は日本に定着するか。各病院へのアンケートも通して、薬剤師の将来像をあぶり出す。

2010年2月25日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2010年2月10日号

【特集】インクレチン関連薬が市場を変える

糖尿病治療薬のDPP―4阻害薬とGLP―1受容体作動薬に、大型化への期待が高まっている。これらインクレチン関連薬は予想通りの成長を見せるのか。すでに始まった競合や開発動向を含めて市場を占う。

2010年2月10日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2010年1月25日号

【特集】2010年度薬価制度改革

「新薬創出・適応外薬解消等促進加算」を柱とする薬価制度改革が決まった。特許期間中の新薬の薬価を下げない製薬業界悲願の仕組みではあるものの、未承認薬の開発負担や長期収載品の一律引き下げがずしりとのしかかる。

2010年1月25日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2010年1月10日号

【特集】「2010年」製薬企業の針路

「2010年問題」がおよぼす国内市場への影響は。理想的な国内製薬企業のM&Aの組み合わせは。温暖化ガスの排出抑制にどう向き合うか―。2010年の製薬企業の針路を探る。

2010年1月10日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2009年12月25日号

【特集】医薬産業界の2009年

政権交代を筆頭に、今年もさまざまなニュースが医薬産業界をにぎわせた。米ファイザーと米ワイスによる1月の大型合併発表で幕を開け、5月には新型インフルエンザが猛威を振るった……。
今年の主なトピックスを振り返る。

2009年12月25日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2009年12月10日号

【特集】製薬企業に勤務医は救えるか

勤務医の過酷な労働環境を改善する取り組みが活発だ。医師の事務作業を助ける医療秘書を配置したり、交代制を導入したりして改善に成功している病院もある。そこで、製薬企業に協力できることとは。

2009年12月10日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2009年11月25日号

【特集】現場発「治験力」

日本の治験環境が変わりつつある。中核病院や拠点医療機関、地域ネットワーク、クリニックなど、積極的に治験に取り組む医療機関の最新の状況は。

2009年11月25日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2009年11月10日号

【特集】調剤薬局のポテンシャル

病院や診療所と並ぶ地域医療のインフラという機能を最大限に生かし、調剤薬局が患者や消費者、製薬企業のニーズに応じてビジネスモデルを進化させている。

2009年11月10日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2009年10月25日号

【特集】中堅製薬企業の成長戦略

経営の方向性を明確に打ち出すべきだと言われて久しい中堅製薬企業。中期経営計画によって数値の上での将来像は示されてはいるが、研究開発や後発品ビジネスといった事業スタンスは、本来の針路に沿っているのか。

2009年10月25日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2009年10月10日号

【特集】営業所長の実力

実績を積み上げるのが最大課題である製薬企業の営業所長たち。日々、会社と部下のはざまで奮闘する4所長たちの働きぶり、部下の育成法などから実態を浮き彫りにし、会社発展に貢献する理想像を探る。

2009年10月10日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2009年9月25日号

【特集】CSOビジネスの勝算

製薬企業の営業やマーケティングを受託するCSOビジネスが曲がり角に立たされている。日本に持ち込まれて10年が経過するが、欧米に比べて市場は伸び悩み、最近は再編・統合の動きも活発化。CSOビジネスに勝算はあるのか。

2009年9月25日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2009年9月10日号

【特集】営業組織 現場からの改革

製薬企業の営業組織改革が進んでいる。スペシャリティ領域への新薬開発が中心となり、マーケティング志向がより重視される現在。現場や地域に根ざした企業の試行錯誤が始まっている。

2009年9月10日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2009年8月25日号

【特集】スイッチOTC新時代

セルフメディケーションの定着には、生活習慣病薬など新効能のスイッチOTCが欠かせない。改正薬事法による情報提供の義務化や、スイッチ候補成分の公表などで、その土壌は整ったが―。

2009年8月25日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2009年8月10日号

【特集】気づかせる人財育成

企業の人材は財産である。育成の仕方を誤れば、会社はつぶれてしまう。人材が育てばこの激動の時代を乗り切れる企業へと成長できる。製薬企業各社が取り組む最新の特徴的な人材育成を紹介する。

2009年8月10日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2009年7月25日号

【特集】ARB大混戦

5000億円市場に成長した高血圧治療薬ARB。7製品が激しく競合する中、利尿薬を組み合わせた配合剤も相次いで投入され、激戦は新たな段階を迎えた。

2009年7月25日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2009年7月10日号

【特集】未承認薬 新ステージ

厚労省は、未承認薬・適応外薬の問題解決に約800億円の補正予算を計上した。3年間で50品目程度の開発を後押しする。製薬協も問題解決へ向け支援センターを設立するなど、未承認薬対策が新たな展開を見せている。

2009年7月10日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2009年6月25日号

【特集】決算トピックスを読む

製薬企業、医薬品卸の2009年3月期決算から話題を集めた。円高の影響や中期経営計画の遂行状況、後発医薬品の市場拡大、研究開発の進展、流通改善など、いくつかの切り口で業界を俯瞰した。

2009年6月25日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2009年6月10日号

【特集】躍進する女性MR「ワーク&ライフ」

医療従事者への情報提供という重要な役割を果たすMR。女性の活躍も目立つ。出産・育児などで退職しないようにと、企業も優秀な人材の引き留めに躍起だ。3人の女性MRのワークライフから支援策をうかがう。

2009年6月10日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2009年5月25日号

【特集】外資系GE始動

世界の医薬品市場で依然、2位の地位を保っている日本。外資系企業がここへきて国策の後発品使用拡大を追い風に活発な動きを見せ始めた。日本市場の壁はなお厚いが、グローバルの成功は通用するのか。

2009年5月25日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2009年5月10日号

【特集】MS力で勝負する

医薬品卸は、自社のMS機能を生かした販促連携や顧客支援業務を進めている。価格競争ではなく、高付加価値化により「選ばれる卸」を目指す取り組みの実態は―。

2009年5月10日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2009年4月25日号

【特集】「MR増員」に舵を切る

「MR減少時代」の到来が予測される中にあっても、営業力強化は企業として常に抱える重要なテーマ。ノバルティスや旭化成など、MR増員を宣言する数社の戦略を探った。

2009年4月25日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2009年4月10日号

【特集】DPC1000病院時代

2009年度に政府目標に掲げられた1000病院を突破するDPC病院。普及させるために設けられた「調整係数」は来年4月の10年度診療報酬改定で段階的に廃止され、DPC制度は新たな局面を迎える。

2009年4月10日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2009年3月25日準備号3

【特集】公立病院改革「崖っぷちの医薬品購入」

総務省が今年度内に自治体病院に策定を求めている「公立病院改革プラン」。黒字転換を突き付けられた経営現場で、医薬品購入にはどんな変化が―。

創刊準備号(無料)を申し込むPDFをダウンロード

2009年3月25日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2009年2月25日準備号2

【特集】興和創薬「生産性アップは営業所長から」

所長が変わればMRが変わる―。営業所長に上司同行などのノウハウを教育する、興和創薬の「骨太プロジェクト」。所長が一堂に会して議論し、そこで得た成果を実践することで、MRの生産性向上を目指している。

創刊準備号(無料)を申し込むPDFをダウンロード

2009年2月25日号
E-ブックを見る

Yakugyo Jiho 2009年1月25日準備号1

【特集】製薬企業の“地域連携力”

地域医療連携の陰に製薬企業あり―。横の連携が多いようで少ない医療機関をつなぐのは、いまやMRの重要な「情報提供」の1つ。一方、企業同士の利害衝突による囲い込みの弊害も。

創刊準備号(無料)を申し込むPDFをダウンロード

2009年1月25日号
E-ブックを見る
バックナンバーのご購入はこちらから